×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミニチュアダックス・ダックスフント。今とても人気の高いダックスの中でも若い女性に支持されるミニチュアダックス。

ミニチュアダックスの特徴

 

ミニチュアダックスといえば、小型犬の中でも特に人気の高い犬種で、常に人気ランキングの上位をキープし続けています。アニコムクラブが「どうぶつ健保」に加入した犬を対象に、犬種別人気ランキング調査を行っていますが、2007年も1位はスタンダードダックスフンドを含むミニチュアダックスで、全体の19.5%、2位がチワワの16.2%となっています。

 

 

 

ダックスフンドの名前は、アナグマを意味するダックスと犬を意味するフンドに由来します。この名前が示す通り、長い胴体と短い足の利点を活かし、アナグマを穴に追い詰める役割を担った狩猟犬として育成されてきました。現在のミニチュアダックスはワタウサギ狩猟用として小型化されたものですが、狩猟犬としての性質は受け継いでいるため、動作は機敏で活発な面があります。

 

 

 

最近は多くの家庭で飼われていることからもわかる通り、ミニチュアダックスは非常に飼いやすい犬種であることは間違いありません。ただ、気をつけないといけないのは胴長・短足の体型は椎間板ヘルニアにかかりやすいということです。段差があるところへの上り下りや、太りすぎは特に注意が必要です。飼いやすいと言っても、しっかりとしたしつけが必要であることは当然のことですね。

 

 

 

ミニチュアダックスは飼ってから、こんなはずではなかったというミスマッチが非常に少ない犬種です。ちょっぴり甘えたで、時にはやんちゃな素振りも見せますから、そのかわいらしさに思わず引き込まれてしまうことと思います。特に、初めて犬を飼う人にとってはこれほど飼いやすい犬種はいないでしょう。犬選びで迷っているなら、ぜひ候補にあげたい犬種ですね。
ダックスフントの意外な特技

 

ミニチュアダックスと言えば、胴長短足と言う言葉がすぐに思い浮かぶと思います。体高と体長の比は、だいたい1:2の割合ですから、実に胴長ですね。しかし、このユーモラスで愛嬌のある姿に魅力を感じる人はとても多く、毎年発表されるジャパンケネルクラブの犬種別登録頭数で、他の犬種に大きく差をつけていることがその人気の高さを裏付けています。

 

 

 

ダックスフンドは獣を狩猟する目的で使用されるハウンドグループに属します。愛嬌のある顔や動作とは裏腹に、活発で賢い犬として狩猟の場で活躍してきました。胴長短足の体型はアナグマを穴に追い詰めるのに適しているため、アナグマを意味するダックスという呼び名がつけられたわけですが、その後ワタウサギ狩猟用に小型化され、現在のミニチュアダックスが誕生しました。

 

 

 

ダックスフンドはそのサイズにより、スタンダード、ミニチュア、カニンヘンの3タイプに分かれます。カニンヘンが一番小さく、体重が2.3s以下、そしてミニチュアが4.8sを超えないものとされています。家庭の事情に合わせて選択すればいいですが、圧倒的に人気があるのはやはりミニチュアダックスです。いずれのサイズも胴長・短足であることには変わりがありませんから、その体型特有の病気である椎間板ヘルニアになりやすいので、注意が必要です。

 

 

 

子供からお年寄りまで、すべての年齢層に向いている犬種はそれほど多くはないでしょう。適度に遊び相手になってくれ、時には心を和ませてくれる。そんな素敵なペットライフを実現してくれるのがミニチュアダックスなのです。家庭内だけではなく、外でも活発な犬種なので、旅行に連れて行くのもいいですね。ミニチュアダックスとの楽しい生活をスタートしてみてはいかがでしょうか。
一緒に生活するために

 

ミニチュアダックスフンドの名前を聞いて、その姿を思い浮かべることができない人は少ないのではないでしょうか。胴長・短足と言えば、ミニチュアダックスの名前が出てくるほどです。人気犬種ランキングの上位に絶えず顔を出していることからもわかるとおり、何ともいえないユーモラスな姿に惹きつけられる人が多いようです。実際、ジャパンケネルクラブやアニコムクラブの調査結果でも、最も多い登録犬種となっています。

 

 

 

ダックスフンドがなぜあれほどまでに胴長・短足であるのか疑問に思ったことはないでしょうか。もともと狩猟犬であるハウンドグループに属する犬種ですが、その名前の由来であるダックス=アナグマからわかる通り、胴長・短足の体型をうまく活かしてアナグマを穴に追い詰める役割を果たしてきました。現在のミニチュアダックスはワタウサギを狩猟する目的のため、小型化されたものです。

 

 

 

これほど多くの人に飼われていることからもわかる通り、飼いやすい犬種であることは間違いないでしょう。しかし、「飼いやすい=しつけが不要」ということではありませんので、子犬が家に来たときから、しっかりとしつけることが重要です。また、ミニチュアダックスは、その体型のために椎間板ヘルニアにかかりやすいという宿命を持っています。太りすぎないよう、普段から体重のコントロールをきっちり行うことが重要ですね。

 

 

 

ミニチュアダックスは利口で活発な面もあり、抱きかかえるのも容易な小型犬ですから、子供からお年寄りまで、安心して飼うことができます。特に高齢者にとってはセラピー効果が高い犬種ですから、今まで犬を飼ったことがない高齢者の方にもお勧めの犬種です。老後のゆったりとした時間の流れに潤いを与える素晴らしいパートナーとして飼ってみてはいかがでしょうか。


今昔、出会い系サービス